スイングで一番大事なこと

まずはアドレスから見直しましょう

ゴルフスイングで中では色々な注意ポイントがあります。
そして色々な方が色々なことを言われますよね

グリップの握り方、体重移動、コック、ティクバックからダウンスイングにかけての切り替えし、
インパクト時のハンドファースト、フィニッシュ時の形などなど。
皆さんのことを聞いていると気持ちよくスイングなんかは出来ません。

その中でも私が一番何がスイング時で大事かというと
私はアドレスかと思います。

アドレスといっても大きく分けて2点あります。
アライメントと重心の掛け方。
この2点がしっかり出来ていないと思ったところにボールを飛ばすことが
出来ません。

練習でも常に実践的なアドレスを


練習場でいい感じで振れている人も
コースでティーイングエリアに立つと
練習場ではこんな当たり打たないでしょ?という
あたりを打つこともあるかとは思います。
緊張もあるかと思いますが
風などの影響でグラつくことがミスショットの原因になっているのでは
ないでしょうか?
これを改善するにはラウンド回数を増やして慣れることももちろん大事ですが
普段の練習時からアドレス時の重心のかけ方を重視するのが
上達の早道だと思います。

練習場では風が吹いていても両サイドに壁や衝立があって
ふわぁと立っていてもコツさえつかめば打ててしまうんですが
コース場では平らに見えるティーイングエリアも実は様々な傾斜になっていて
完全なるまっ平らなところはありません。


アライメントを取る練習にはこのような棒を置くこともオススメ

しっかりしたアドレスが上達スピードあげる


先ずはアドレス時の重心の掛け方ですが
よくつま先側とか母指球のところに意識してとか言いますが
そんなのでは安定なんかはしません。
ベースとしては足の裏、つま先から踵まで全神経を集中させることが大事なので
練習場で構えてすぐ打っている人がいますが
上達のためには一球一球アドレスを構えなおして
足の裏、全体で地面につかむ感じで構えると
より実践向きな練習になるかと思いますし、
アドレスの練習だけなら電車の中でも自宅でも出来ますので
お試しください。

この記事を書いた人

100切り請負人

《コソ連》《簡ゴル》をキーワードに出張レッスン・ラウンドレッスンを展開していくトレーナーの金澤です。 『100切り』だけを目的のレッスンを行います! これからのゴルフライフを満喫出来るようにサポート致します。100切りに必要な情報を発信していきますのでよろしくお願いします。