スイングはアンダースローで投げる?

昔の指導方法は間違いか?

スイング時によくテイクバックからダウンスイングにかけて
シャフトをたてて振るようにと、良く言われますよね。
そしてヘッドを上から入れていけとも
よく言われます。

野球でも投げてきたボールに対して
バットは上から下に振るようにと指導された人も
多いかと思います。
基本だと。。。
ゴロを打てと。。。


そしてフライを打つと決まってこう言われます。

下から上に振っているから
ダメなんだと。。。
アッパーに振っているから
ダメなんだと。。。

しかし、野球のホームランバッターは
ホームランを打つ時に
バットを上から下に振っているでしょうか?
まず、いませんよね。
レベルスイングか、もしくはアッパースイングで思い切り振っています。


ゴルフスイングでも
ボールに角度をつけて上げて飛ばしたいのに
上から下に振っていくスイングでは
思ったようなボールは打てません。

その表現は本当に正解なのか?


しかし、大人は理解力があるので
そういうものと言われると
これが正しいと思い、
言われた通りに練習しているかと思います。

実際、ゴルフが上手な人で
ティーアップしているボールや
地面にあるボールを上から打って
いる人いますか?

そんなことしていたら、
クラブは折れるし
手首も腱鞘炎になります。

下からボールを打ったらあかんとも
良く言われますよね?

ボールを下から打つには地面の下から
振らないと絶対に打てないので
そんなこと出来るわけがありませんよね。

じゃあ何と思いますよね。

難しいのは上手な人の言葉や雑誌などの言葉で
大人は忠実に再現しようとするので
おかしなことになっているのだと思います。

パッティングの時に上から打つ人はいませんよね?
しかし、上手な人にアドバイスをもらい
パチンと打てと言われると
上から打つイメージが湧いてきます。

パチンと打つイメージに下から上に振るイメージは
ないですよね。
でもパッティングはソールしてテイクバックからインパクトにかけて
下から上に振っていますから。

スイングは振り子の原理で自分は頑張らない


それ振り子の原理原則です。

なのでドライバーショットでも
アイアンショットでも
パッティングでも
下から上に振ることが正解なのです。

そんな振り方したらダフりやトップが出るという人も
いてるかと思いますが、
仮に上からヘッドを入れるイメージで振っても
ダフりやトップは出ます。

このダフりやトップなどの問題はまた違う原因なのです。

振り子運動で最下点を向かえてボールを捉えるときは
アドレスして構えた時のクラブのロフトなりに捉えることが
一番ベストなのです。

サブマリン投球で振ること!


ゴルフショットで一番大事なところの
テイクバックから切り返してダウンスイングで
ボールをインパクトまでのイメージを
野球に例えると
(遊びでも野球をしたことがあるって人が多いので(^^;))
セットポジションからのアンダースローのリリースするまでのイメージで
クラブを振ってください。

ドリルとしてはいつもよりボールを内側に入れて
ハイドローを打つイメージで振ることが一番良いかと
思います。

こんな感じで振ることが必要


この記事を書いた人

100切り請負人

《コソ連》《簡ゴル》をキーワードに出張レッスン・ラウンドレッスンを展開していくトレーナーの金澤です。 『100切り』だけを目的のレッスンを行います! これからのゴルフライフを満喫出来るようにサポート致します。100切りに必要な情報を発信していきますのでよろしくお願いします。