シャフト選びの基準って何?

シャフトにこだわりを持つとゴルフは変わる


今回はシャフト選びについて話します。

ゴルフを好きな人はシャフト選びも
ウンチクも大好きです。

ちなみに私も大好きです。

特にはゴルフ好き男子はよくこんな会話をします。

俺はSを使ってるだの、
俺はXを使ってるだの
前でビュッと走ってくれるシャフトが好きなので
先調子が好きだとか(前ってどこ?)

テイクバックから切り返して
ダウンスイングにかけて
粘ってくれるシャフトが好きなので手元調子が
自分にはあってるとか?(粘るって?)

よく言いますよね。

ちなみに大まかに分けて
シャフトの調子は大きく3つ
先調子、中調子、手元調子

あまりシャフト選びに固定概念を持たないこと


ゴルフ雑誌やネットで
このようなことが記事が掲載されているものだから
無理もありません。

この間、近所のゴルフショップにいって
ドライバーをぶらっと見ていたら
店員さんに
「お客さんのヘッドスピードはいくらですか?」
って聞かれたので、50ぐらいかなっと適当に答えると
それならXシャフトがいいと思いますよと。

うーん

それって何基準
なのでしょうか?

確かにクラブメーカーやシャフトメーカーも
取り合えず推奨しているヘッドスピードによって
スペック(主にシャフトの硬さ)は
これぐらいというのはあります。

コースと練習場ではスイングスピードは変わる


私はこんな仕事をしているので
色んな計測器でヘッドスピードを測ることも
あってMAXで振ればこれぐらいとかは
分かりますが、これはあくまでも『目安』です。

条件もインドアや打ちっぱなし場で
リラックスした状態で何発か打って
MAXで振った最高スピードです。

そのクラブが打ちぱっなし専用なら
それでもいいかと思いますが。。。

日本ではドライバーで振るヘッドスピードが
全てのクラブでのシャフト選びの基準になっています。

ドライバーがSシャフトなら
アイアンも自動的にSシャフト
大体そうじゃ無いでしょうか?

ドライバーを打つ時はティーを刺してボールが浮いている状態と
地面にあるボールを打つのではヘッドスピードは変わります。

シャフトの長さも違うし、クラブを振る軌道も
違うので当然ヘッドスピードも違います。

意外とこんな人いませんか?

ドライバーは飛ぶのに
アイアンは思ったより飛ばない人

この人は意外とアイアンではヘッドスピードが
遅いから飛ばないのです。
実はこんな人結構多いと思います。

ドライバーが仮にその人のヘッドスピードに
あっているものとして、アイアンのシャフトもドライバーの
流れだけで合わせているのならこれはハードスペックになります。

私が思うクラブ選びは

ラウンドで使えるかどうかです。

ラウンドでは一発勝負です。

打ちっぱなし場ならショットが曲がったから
次は気をつけて打とうなどは当然ありません。

いかに高確率で自分が思うようなボールが
コース場で打てるかどうかだと思います。

アマチュアはラウンド後半から体が疲れてくる


そしてゴルフは基本歩きながら
プレーするのでハードなスポーツではありませんが、
プレー時間がどのスポーツよりも長いので当然疲れます。

普段あまり歩かない人がゴルフの時は
最低1万歩ぐらいは歩きますので当然疲れますし、

コース場はアップダウンもあるので
スタート時と比べると後半になると当然
身体全体も疲れてきます。

本州のゴルフ場は大体前半、後半の間に
昼食も挟みますので食べ過ぎると
良いパフォーマンスを発揮するのは
難しいでしょう。

身体が疲れている後半の状態の時に、
MAXで振るヘッドスピードでシャフトで合わせたら
どうなりますでしょうか?

体は疲れているので
上手くいくわけはありません。

打ちっぱなし場で
何も疲れてない状態で
ナイスショットが打てるクラブスペックと

私が言う、
実際コースで使えるクラブでは違うのです。

18ホール回って、平均して気持ちよく打てるクラブが
その人にとって良いクラブであり、良いスペックなのだと思います。

ワンフレックスダウンしましょう


それならば、どうしたらいいのか?
何を基準に選んだらいいのか?

ワンクレックス落としましょう。
Sをお使いならSRもしくはRにすればいいのです。

前半はSで振れていても後半から疲れてくると
シャフトの硬さからプレッシャーになり
上半身に力が入って思うようなボールが
打てなくなってきますので、疲れてきても
ワンフレックス柔らかいものを使うだけで
リラックスして打てるかと思います。

この記事を書いた人

100切り請負人

《コソ連》《簡ゴル》をキーワードに出張レッスン・ラウンドレッスンを展開していくトレーナーの金澤です。 『100切り』だけを目的のレッスンを行います! これからのゴルフライフを満喫出来るようにサポート致します。100切りに必要な情報を発信していきますのでよろしくお願いします。