習慣を変えるだけでスコアは激変する(100切り編)

朝イチのティーショットを打つ迄の準備力で
スコアは変わる。

特に100以上を毎ラウンド叩く人は、上手な人と比べると
技術も劣りますが、それ以上に感じるのは準備力の差が
上手な人と決定的に差がありすぎるように思う。

仕事の遊びも一緒!


こんな人多くないですか?

(具体例)
社内コンペの案内状に
9:00スタートなので
8:30までにはマスター室前に集合しておいてください。
こんな感じの案内が多いと思いますが、

ここで100以上叩く人の数人は集合時間の8:30に到着したり、最悪なのは
スタート直前にバタバタしながらカート前に到着する人が多いです。

ゴルフが好きで上手な人は遅刻するとかバタバタする人はいません

いつもバタバタしてないかな?



ギリギリ到着の理由を尋ねると

このような返事が大概かえってきます。

①道が渋滞してまして

②寝坊しました

2通りが多いです。

厳しい言い方をしますが、①②の人はこの思考を変えない限り
スコアは良くなることはありません

100以上叩く人がラウンド前に練習もせず、スタートホールから

良いわけがないからです。

私が知る限り、上手な人がラウンド前に練習などで身体を
ほぐすこともせずに、ラウンドする人はいません。

そもそもスコア以前に、ケガをするリスクも伴いますから。

毎度、同じパターンでいつもゴルフ場に慌ててくる人は、

これを守って(やって)くれるだけで必ず、スコアは変わります。

①② 理由は色々あるけど内容は同じで、それをしないためには、
早く起きたらいいのです。

8:30に集合なら
そこから逆算したらいいだけです。

8:30にはショット練習とパッティング練習は終了して
おかないといけないのです。

仕事に置き換えたら分かること


仮に朝ごはん(モーニング)を売りにしているお店が
9:00オープンとして8:30にお店に来るでしょうか?
和食屋さんなら、8:30迄には一通りの段取りは完了して、
オープン前の掃除とかしていると思います。

これをゴルフに置き換えたらいいのです。
8:30までに準備を完了させることを軽く言いますと

ラウンド前、練習をするべき理由

7:00にはフロントにて受付完了させ
ロッカーで着替えなどの身支度をして
7:30からはストレッチを最低5分ぐらい行ってから

ショット練習を20球から30球ぐらい打って(多くても30球以内にしておくこと)
イメージは、短いものからゆっくりと
SW5球→PW3球→8アイアン3球→6アイアン3球→UT3球→1W5球ぐらい
打って終わりましょう。

ここでのポイントは、あくまでもクラブを振って自分自身の今日の身体の調子を
確かめるためにやるだけ
でいいです。

この中で、良い感じで打てたクラブは積極的に使ったらいいし、
何かいまいちやったなぁというクラブは使用しないか、またはいつも
以上に気を付けて振ることを心掛けることしたらいいだけです。

結構こういう人周りに居ませんか?

普段あまり練習してないのにコイン2枚分を(薬40から50球)
朝からガンガン打ってその出玉に一挙一動している人。

ラウンド前に疲れるだけならまだしも、右や左やトップやダフリを
連発して、それこそラウンド前から不安で仕方なくなり、
その人は案の定の結果で終わるでしょう。

普段、練習してないからといって気持ちはわからなくもないけど、
当日に打ちまくるのは迷いも出てきて結果が良くないことが多いですし
疲れるだけなのでコインは1枚に抑えておきましょう。

スコアの40%はパター数って知ってますか?


次にパッティング練習は必ず行いましょう。


パッティング練習はその日のグリーン状態を把握
することが一番の目的なので、カップに入った入らなかった
とかで今日は調子がいいとか悪いとかはそんなことは
思わなくてもいいので、上り下りフック、スライスなどの傾斜の
4通りは練習をするようして、タッチを合わす練習をして
終了です。

ここまでしたらラウンド前練習は完了なので、一服するなりして
一緒にラウンドする人と談笑でもしてましょう。

逆算したら行動が変わる


ゴルフ場に到着する時間とラウンド前の練習をこのようにするだけでも
スコアは変わります。

話を戻すと、フロント到着、受付を済ますのが7:00なので、

自宅からゴルフ場まで30分で到着できる人もいればゴルフ場まで
1時間30分かかる人もいるかと思いますが、時間に余裕を
もって行動することが大事なことで、その落ち着いた行動こそが
良いスコアに直結することは間違いありません。

遅刻しそうだからって言って慌ててクルマを飛ばして
ゴルフ場に到着しても心拍数や気もあせっているので
普通の精神状態でプレーすることは不可能です。

その状態なら練習をする時間も無いので良い結果が
出るはずはありませんし、ひょっとしたら、ゴルフ場に向かう
道中に事故を起こし加害者になることもゼロではありませんよね。

大人ほど早く寝るって難しい


普段の生活で就寝するのが1時として
いつも7時に起きている人が、

明日はゴルフだからっといって5時に起きることは
難しいでしょう。

私の経験から言うと、5時に起きるのが難しいというよりは
通常1時に寝るところを、23時ぐらいに寝ようとすることが
難しいのです。

その前日だけ、早く寝る行為が難しいので、2,3日前から
1時間ずつでも早く寝る癖をつけることを心掛けると良いと思います。

それでも、23時に寝れない人は、身体を少し疲れさせた方がいいので、
私は経験から5分ほど腕立て伏せをしたらいい感じに身体が
疲れて寝ることができます。

間違っても、寝付けないから酒を飲みまくるとかはやめた方が賢明でしょう。
ラウンドでプレーするのに良いことは何もありません。

スマホも良くないですよ


次にラウンド前日までに用意することで
落ち着いた当日を迎えるために。

決戦は前日までに!

クラブ本数確認(14本迄)
着替え(ベルトを忘れる人が多い)
ラウンドで使用するボールの確認。
ティーやグリーンフォーク。 ボールをマークするときに使うマーカー
ゴルフシューズ
帽子やサンバイザー、
グローブ(雨予想なら複数枚)
日焼け止めや化粧品など、
レインウェア、
タオル
ドリンク類など
クルマの燃料確認
など

これらを当日に用意しようとせずに
寝るまでにすべて用意する。

当日、ゴルフ場でボールなど
購入している人が結構見受けられますが、
朝のスタート時間が早かったら、場内のショップも
まだ空いていないところもあるので用意するものは
前日までに完了させておきましょう。

当日、良いスコアでラウンドするために
前日夜に一夜漬けの練習はやめましょう。

テストなら良いかも知れませんが
前日の夜の練習は控えた方がいい。

いやはっきり言おう!

無駄っです!

時間とお金の無駄っ !

前日に練習して上手くなるわけがない。

結局、いつもより遅い時間に自宅に帰って
寝る時間が遅くなる。

そして、明日のことが不安で寝付けなくなり、
気がついたら朝方になっている。。。
本末転倒です。

このように、良いスコアで回るためには、2,3日前から
準備をするだけで、スコアは大幅に変わりますので、
まずは実践してみてください。





この記事を書いた人

100切り請負人

《コソ連》《簡ゴル》をキーワードに出張レッスン・ラウンドレッスンを展開していくトレーナーの金澤です。 『100切り』だけを目的のレッスンを行います! これからのゴルフライフを満喫出来るようにサポート致します。100切りに必要な情報を発信していきますのでよろしくお願いします。