ちょっとしたことでスコアは劇的に変わる

今回はもうちょっと工夫したらスコアは劇的に変わる話。

私も、90切るぐらいまではあまり工夫はしてなかったけど、
ちょっとしたことで
スコアは変わるものだというお話し。

コースマネジメントとか勿論あるんですが(とても大事ですが)
今回は、出来ること、出来そうなことだけをやるということ。

出来ないことはやらない勇気を!


100以上叩いている人が劇的にスコアアップするには、今、出来ることをやって、
出来ないことはラウンド中でしないということを割り切ること

コースで打ったことのないクラブや、または練習場で10球中スイングして1,2球しか思ったように打てないクラブ選択をいざラウンドで使用するケース。あると思います(笑)

練習場の真っ平らなマットの上からも打てないのに、コース場では打てるわけはありません。
色々な傾斜や芝の長さ、地面の固さ、風向きなどがあり、練習場よりハード
なわけだから、練習場でいつも打っているクラブや10球中7割ぐらいは自分の想定内で結構なので打てるクラブだけ選択しましょう。

打てないクラブは自宅にお留守番させる



なので、練習場で打ったことのないクラブや
打った事あるけど、ちゃんと当たらないクラブはコースに持ち込まず
打てないクラブは自宅でお留守番させましょう。

打てないけど、キャディーバッグにあるから
打てないのに、使いたくなる
もう一度いいます。

打てないクラブは自宅でお留守番です。

これがもし、ドライバーでもろくに打てないのなら
お留守番でいいと思います。

毎ホール、ティーショット打った後は
プレイング4スタートはスコアをまとめるには
厳しいですからね。。。

何も、これはティーショットだけの話だけではありません。

よくあるケースで、グリーンまで170ヤード
手にするクラブが5番アイアン。だとして。
完璧に打てたらグリーンまで届く距離。

しかし、練習場で10球打ったら、1割ぐらいの確率でしか打てない人。

とても、コース上でうまく打てるとは思いませんが、
届くクラブが5番アイアンだとしたらその人は5番アイアンから頭が離れません。

きっと、ダフッて数十ヤードしか飛ばないか、左右に大きく曲げて、コースによっては
OBもあるかも知れません。

訳の分からない挑戦はしない。無理もしない。


何が言いたいか?

無理をするなということです。

そこに打てる技術がないのに
浪漫を求める人が多い(笑)

残り距離を確実に打つ人なんてプロでも
いません。


それを100以上叩く人が
実際にある残り距離だけ計算して、
届くんじゃないかと思うクラブを選択をして振り回してる人が
結構多いかと思う。

女性ゴルファーは堅実派!


その点女性ゴルファー(#ゴルフ女子)の方が謙虚で
大体の方が、残り距離など関係なく、自分が打てるクラブを
選択して打つので、男性ゴルファー(#ゴルフ男子)
より、 女性ゴルファー(#ゴルフ女子) の方が
スコアが平均良いのです。

女性はレディースティから打ってる
スコアが良いと吠える男子もいますが、
その方がレディースティから打っても
おそらくスコアは変わらないと思います。
考え方を変えない限りは。。。

先程の例でグリーンまで170ヤードで5番アイアンのくだり。

確実に打てるクラブで打つ

練習場で9番アイアン以下は狙ったところに大体打てるようにする


実際に練習場で8割ぐらい想定内で打てるクラブを選択する。
それが、9番アイアンなら9番で打つ。
一回で届かないのは分かっているけど9番アイアンで打つこと。

気軽に打てる9番アイアンなら、男性なら120ヤードぐらい
打てるかも知れません。
グリーンまで足らないのたった50ヤードです。

9番が打てるということは、9番より短い番手ならもっと高確率で
打てるということなので(普通なら)一番短いサンドウエッジでも男性なら50ヤードは打てるでしょう。170ヤードを1回で乗せなくても、2回でグリーンに乗せることは可能だと思います。

アイアンの中で1番短い9番アイアンが練習場で7、8割がた想定内のところに
打てない人は、練習場で打てるようになるまでコースに出るのも
控えた方が、スコアアップのためには逆にいいでしょう。

9番アイアン以下を含むクラブが概ね練習場で打てるようになると
劇的にスコアは変わります。

ゴルフは全て応用力!


あとはコースでのショットは、様々の傾斜から打つので
応用力だけです。シチュエーションによって、アドレスのスタンスを狭くしたり広くしたり、クローズにしたりオープンにしたり、グリップも長く握ったり短く握ったり、ウィークで握ったり、ストロングで握ったりするだけです。

しかし、上記の話も練習場で9番アイアンぐらいを打てるようになれば、です。

ゴルフはちょっとしたことで変わります。
しかしほんのちょっとの差が大きな差となります。

左脇が空いて状態が起き上がっている。
背中が丸まりインパクトにパワーが集中している


2枚の写真もよく見ないと、何処が違うの?いうレベルですが、この少しの違いが
ゴルフでは大きな違いなる。1枚目は確実にスライス球が出ます。2枚目はまっすぐ飛び出し理想に近いボールが打てます。

私のレッスンでは、パターからはじまりウェッジ、ショートアイアンと短いものから
順序だててお伝えするようにしていますので興味のある方は是非ご連絡してください。







この記事を書いた人

100切り請負人

《コソ連》《簡ゴル》をキーワードに出張レッスン・ラウンドレッスンを展開していくトレーナーの金澤です。 『100切り』だけを目的のレッスンを行います! これからのゴルフライフを満喫出来るようにサポート致します。100切りに必要な情報を発信していきますのでよろしくお願いします。