あなたの目は、右利き?左利き?

目にも右利き、左利きがあるの知ってますか?

人には、右利き、左利きがあるように
実は、目にも右利き、左利きがあります。

そんなこと知ってるよという人もおられますが、

実は利き目が右目なのか左目なのか分からない知らないという人も
レッスンをしていたら 結構おられたので誰でも簡単に自宅で出来る
調べ方がありますので参考にしてください。

先ずは自分の利き目を調べる



1. 数メートル離れたものをよく見てください。(例:置き時計とか)
2. 目標物を両目で見続けながら、見ているものを人差し指で指さしてみてください。
3. 次に、指で目標物を指しながら片目ずつ目を閉じてみて、目標物がズレてないほうの目が利き目です。


必ずしも先入観で自分は右利きで、ボールを投げたり蹴ったりするのも
右だからといって目も右利きとは限りません。

しかしながら調べた結果、日本人の割合では
このようになっています。

利き手が右、利き目が右(割合74%)
利き手が左、利き目が左(割合16%)
利き手が右、利き目が左(割合8%)
利き手が左、利き目が右(割合2%)

理想は右利きと左利き目


ゴルフでは右打ちならば
「右利き」と「左利き目」が最高に良いと
言われています。


ちなみに、世界ランキング男子日本人1位の
松山英樹選手は「右利き」と「左利き目」だそうです(>_<)
インパクト時の写真とかを見ても顔が完全に残っているのは左利き目の人の特徴です。

ここでは圧倒的に利き手が右、利き目が右の人が多いので
その特徴を生かした動きをすればもっとスムーズに身体が動かせることが
出来るので説明します

利き目が右目の人の注意事項


利き目が右の人は、

アドレスからテイクバック時、ボールは右目でみる特性があるので 途中から、ボールが視界から消えて不安になり、
ダウンスイング時、左利き目の人より、
はやくボールを見たいため顔が突っ込み、
身体が開らきやすい癖があるので、そこの部分を
気を付ける必要があります。

左目が利き目の人はテイクバック時からトップにかけてもボールが見えている状態なので顔が突っ込む人はいないかと思います。

利き目が右目の人は通常アドレス時、いつもよりちょっとだけ肩を
開いて構えてみてください。
テイクバック時、上半身を廻してもボールが見えている範囲で
十分捻転出来ていますので一度試してみてください。

今までよりもダフったりトップしたりの回数が減り
当然「ミート率」も上がるかと思いますので捻転が少なく感じるかも
知れませんが正確性が増え飛距離も変わらないと思います。

パターの時も考え方は同じ


パターの時も同じで利き目が右の人は、通常アドレスより、やや肩を
開いて構えた方が腕がスムーズに動くと思います。

右目が利き目の人の特徴として傾斜ラインも
フックラインよりはスライスラインのほうがイメージを出しやすく
得意って人の方多いと思います。

では、右利き、利き目が右の人の注意点

セットアップ時、利き目が右の人はどうしても利き目が左目の人よりも
ボール1個分、右側にボールを置く人が多いです
(私もそうです心地良いからです)

ドライバー時に右側にボールを置き過ぎると、
テイクバックからダウンスイング時に利き目が右の人は顔や体が突っ込んだり、
開きやすい傾向があるので利き目が左の人より振り遅れたり、
フェイスが開いて入りスライスになることが多いので、
特に左足かかと線上にボールをセットアップすることを心掛けください。

どうしてもセットアップがしっかり出来ない不安だと思う人は、
利き目じゃない方の目でセットアップしてください。
利き目じゃない方の目でセットアップすると、
いつもよりボール1個分左にセットアップが出来ます。


特にこの時期、疲れてくると注意力も低下していくので
普段の練習からアライメントをしっかりとり
心地よい「アドレス」をすることがショットをする中で
一番地味ですが一番大事ですので心掛けてください。

この記事を書いた人

100切り請負人

《コソ連》《簡ゴル》をキーワードに出張レッスン・ラウンドレッスンを展開していくトレーナーの金澤です。 『100切り』だけを目的のレッスンを行います! これからのゴルフライフを満喫出来るようにサポート致します。100切りに必要な情報を発信していきますのでよろしくお願いします。