レストアクラブ ピンアイ2アイアン ベリリウムカッパー

今回は完全に趣味のはなし。

ベストセラーアイアン「 PINE EYE2 アイアン

2005年頃ゴルフを復活し本格的に始めようとして ゴルフショップ巡りをしていた時、個性的なアイアンを見つけました。 PINE EYE2 アイアン 1982年発売開始で若干のマイナーチェンジを加えながら 10年間同じ形で発売していたベストセラーアイアン。

他のアイアンと比べ何か一種独特な雰囲気があり、手に取って眺めて なんか『良いなぁ』と思いましたが、このアイアンの製造年を見ると1988年!こんな古いの売ってるの? 17年落ちかぁ〜 古いなぁ〜 ちょっと無理やなぁ〜 なんて思い気になりつつも違うメーカーの比較的新しいアイアンを購入しました。

当時忘れられなかったEYE2アイアンを求めて大阪本町へ

ドライバーやパター程では有りませんが、アイアンも何年かに一度は購入していましたが、どうしても頭の片隅にある『良いなぁ』思っとEYE2アイアンが忘れられなったので昔のピンのアイアンを売っているところを調べて今はもう閉店しているのですが大阪本町から少し上がったところにあったお店まで伺いました。

そのお店はPING専門店ですが、新商品も売っているのですが積極的に売っているお店ではなく、昔の中古品を積極的に販売しているお店でした。

ご存知の人もいるかと思いますがPINGは量販店で吊るし売りもしていますが、基本的には今も昔もフィッティングをして販売している会社です。
今でこそクラブをフィッティングしてから購入する人も増えましたが、PINGは昔から面倒くさいフィッティングをして一般アマチュアに販売していたのです。

イメージは量販店のスーツ店とオーダーで作るスーツ店みたいなものです。
ユーザー目線では大変ありがたいのですが、商売としては効率も悪く今ではPINGも有名ですが特に日本人は有名メーカーのものが大好きなのでPINGは苦戦したとお店の店主からお聞きしました。

しかし今となれば他の有名ゴルフメーカーの業績は下がっているそうですがPINGだけはここ10年毎年増収増益だそうです。
商売は効率だけを考えずに面倒なことを率先してやらないといけないのだと強く思う。

ただ、この店主は90年代中頃迄のアイアンしか興味なく その訳を永遠3時間ぐらい熱く語ってくれるのです。
しかしそのアイアンはとっくの昔に生産はしていませんのでフィッティングをしても新品のアイアンは無いのです。
ですが、ここからがこのお店の凄いところで中古品ですが、クラブヘッドのダメージの有無を検査してその人に合うライ角、ロフト角、バランスを調整しヘッドをレストアしシャフト、グリップも新品に交換して完璧に仕上がって手元に届きます。

その時は、実際お店に自分が欲しかったピンアイ2 アイアンがなかったけど アイ2+の次に発売された状態の良かったZINGアイアンがあったのでレストアしてもらって今でも大事に保管しています。
1992年式なので27年前製造モデルなのにピッカピカ! しかしこのZINGアイアン普通に使えます。

当初はコレクションにしようと思いましたが打ちぱっなし場で良い感じだったので、ラウンドで使用しましたが今時のアイアンと比べても何の遜色もなく私自身、思い入れもあるのでしょうけど私にとっては今までのどのアイアンよりも打ちやすかったアイアンです。

やはりあの店主が熱く語ってくれた意味がようやくわかった気がしますし、その人ごとにしっかり合うサイズのもの作ってくれてそのクラブで練習、ラウンドしたら、これは当たり前なのですが上達スピードは一気に上がります。
しかし27年前の製造クラブがしっかり使えるのはPINGぐらいじゃないでしょうか。


おそらく歳をとってもシャフトさえ体力に合わせて交換すれば一生使用できると思います。
この時代のアイアンは細かいことを言うと溝規制問題があって一部対応済みのクラブ以外は競技に使用してはいけないのですがプライベートで使用することは全然OKです。(この話をすると話が終わらないので機会があればまた次回話します)

今でも当時のピンアイ2アイアンが忘れられない私が行ったのは東京店

しかし、やはり当時のピンアイ2アイアンが忘れられない私は、先月東京に用事で行った際に、私が通っていた大阪店は閉店してしまいましたが東京店はあるのは知っていましたので私が欲しいものがあるかどうかは知りませんがとりあえずその店に伺うと、、、

何と“ピンアイ2アイアン”ありました❗️

ちなみに大阪店にいた店主も東京店にいました(笑)

ダイギンゴルフ 東京御徒町

欲しかったのはピンアイ2でもベリリウムカッパー(銅合金)の程度の良いもの。
実はPINGのベリリウムカッパーのパターは持っていたので風合い、打感の良さなどは分かっていました。
正直、ネットやらでたまには見ていたのですが、信用していない人に電話やネットで「物は大丈夫ですよ」とか、「安くしときますよ」とかで購入したくないのと私自身が手にとって『良いなぁ』という感覚があるのかを確認したいのです。
私はモノを購入するときにそのモノに対して売り手にどんなポリシーがあるか否かで私はモノを購入したいので、安ければ何でも良いと思う様な人とはお付き合いはしたくないのです。
ちなみに再会後は相変わらず店主の熱い話を聞きながらアイアンと購入予定になかったパター、キャディーバッグも購入。私は一点ものと言う言葉に異常によわい。

店舗でフィッティングをしてもらってライ角ロフト角バランスの調整ヘッドの色入れやシャフトやグリップの厚さなど細かく打ち合わせしてヘッドをレストアしてもらって完成したのがこれ!

3,4,5は青ドット6番からSWまで黒ドットの9本 当時はAWの設定はありません



10円玉と同じように月日が経つと黒ずんでくる
ステンレスよりやや小ぶりと独特なグースネック
DG S200. ツアーベルベット


まだ実践練習やラウンドで使用していませんが良い雰囲気をしています。
よく飛ぶなとかはありませんがこのアイアンは何とも言えない心地よさです!
当時からこのベリリウムカッパーは人気があったのですが製造コストが非常に高く事と表面がすぐ変色するので保管するのが難しいので製造効率が悪かったので量産が出来なかったらしいです。

あまり書くと偏っていてちょっと変わっと人と思われても嫌なので今回はこの辺で(笑)
またPINGネタはたまにアップします。

お問い合わせ

どうぞお気軽にお問い合わせください

TEL 090-1147-9820

この記事を書いた人

100切り請負人

《コソ連》《簡ゴル》をキーワードに出張レッスン・ラウンドレッスンを展開していくトレーナーの金澤です。 『100切り』だけを目的のレッスンを行います! これからのゴルフライフを満喫出来るようにサポート致します。100切りに必要な情報を発信していきますのでよろしくお願いします。