ティーショットでの考え方


最近、数回プライベートでラウンドをする機会があり、そのなかで今回はそのプレーヤーのボール方向性(球筋)の話です。

左奥のバンカー方向にボールをセットアップすればOK

ゴルフ上級者の「思考」

ティーイングエリアで左端にボールをセットするプレーヤーは右にボールを出して捕まえるドローヒッターで、戻ってこなくてボールが真っすぐストレートに飛んでいっても大体のプレーヤーはフェアウェイ右端に方向(アライメント)を取っていますのでまあ「想定内」のOKですよね。

逆に右端にセットするプレーヤーは左に打ち出して右にボールを曲げるフェードヒッターですよね。

同じように左端のフェアウェイに打ち出し方向(アライメント)をとっているので真っすぐいっても左フェアウェイに捉えるようになりこれも許容範囲なのでOKです。
これが上級者の「思考」です。

100切りを挑戦している人は、右に大きく曲がっていませんか?

自分の癖をいち早く覚えどっちに向いて構えた方が打ちやすいか、ミスしても上級者はどっちに曲がるかなどを計算しています。この「思考」は上級者だからできるのではありません。

確かに球筋などを左右に操ったりするのはプロや上級者はヘッドの特性やシャフト選びからこういうことを想定してセッティングしています。

今回はこの思考をもって100切りを挑戦している人はシンプルに考えて欲しいのです。

ティーショットで初級者から100ぐらいを彷徨っているプレーヤーは理想を求めすぎています。
大体、ティーショットの際に左右どちらかではなく真ん中でセットアップしています。
そしてフェアウェイ真ん中を狙って左右のOBゾーンに消えていきます。

なぜ、上級者は左右どちらかに立ってティーショットを打つのか?考えてください。
長いクラブほど真っすぐ打つのが難しいのを上級者の人は知っているので左右どちらかにセットアップしているのです。
100切りを目指している大体のプレーヤーがドライバーを持って普通に打てば90%以上の人がスライスします。
ドライバーを持っているので当たり前ですが飛ばそうとすればするほど身体の開きがいつもより早くなりフェイス面も開いてヒットするので右に大きく曲がります。

右にOBを打つことも、左へのOBもない「上級者の思考」

ここで上級者の思考です。

スライスする確率が高いわけですから最初から右端にセットアップして左方向に狙いを定めて勇気を出して打てば想定通り左から右に曲がるいつも通りのスライスボールが出るので、右にOBを打つこともありません。
2打目が打てるところにボールはあります。

逆にほぼほぼ左に曲がる人は右にアライメントをとり、フェアウェイ右を狙っていつも通りに打てば左に曲がりますので、左へのOBはありません。

このような思考でティーショットするだけで一発目のOBがなくなりより一層100切りへの道が近くなることは間違いありません。

是非、打ちぱっなし練習では真っすぐばかり狙わず、ラウンドを想定しながら左右どちらかに曲げる練習をしてもらうとゴルフの幅も大きくなると思います。

お問い合わせ

どうぞお気軽にお問い合わせください

TEL 090-1147-9820

この記事を書いた人

100切り請負人

《コソ連》《簡ゴル》をキーワードに出張レッスン・ラウンドレッスンを展開していくトレーナーの金澤です。 『100切り』だけを目的のレッスンを行います! これからのゴルフライフを満喫出来るようにサポート致します。100切りに必要な情報を発信していきますのでよろしくお願いします。