【ドライバー・イズ・ショウ 、パット・イズ・マネー】パターのコツ③

「ドライバー・イズ・ショウ 、パット・イズ・マネー」というゴルフ用語があります。

今回はそのパットのお話し。

パターでのボール位置

パターでのパットがゴルフでは一番大事ということ。

パターはドライバーやアイアンショットみたいにアドレスして構えて大きなティクバックを取って打つことなんかはありません。

基本のパターでのボール位置が左目の下にある状態なのでパターヘッドはちょうど鼻の位置に置きます。

パターのアドレスも大体自分の肩幅ぐらいなので、そこからテイクバックも最大でも右足前ぐらいまでなのでロングパットで多くても30センチぐらいしか引くことしかありません。

そうなんです。
ちょっと右側に引いて構えたところに戻すだけなのです。

ロボットマシンなら100発100中です笑
パターが入らなかった理由がちょっと弱かった、強すぎたなどは振り幅だけ変えたら良いだけなのでその強弱だけ練習したらいいだけですし、読み違いで狙ったところに打てて外したのは仕方ないと思えるし、次はもっと薄く読もうとか厚めに読もうとかを考えたらいいだけなのです。

厄介なのは意図せず狙ったところ(スパット)に真っ直ぐ打てないことが1番の悩ましいところです。

ボールに対してヘッドのフェイス面がインパクト時に真っ直ぐに当たらず狙ったカップに対して結果、見事に左右に外します。

開いて当たったり、被って当たったりして。

私自身も一番難しいのと思っているのがパッティングです。

パッティングの難しさ!改善方法はパターを替えること!

パットイズマネーですのでプロはパターが上手かそうではないだけで順位が大きく変わり賞金も変わるということです。
直す方法としては様々ありますが、手っ取り早い方法はパターを替えることです。
開いてあたって右に出る人でピン型やL型を使用している人は重心深度が低いマレット型

マレット型

左に引っ掛ける割合が多い人がピン型やL型を使用すればミスが改善される人もいます。

ピン型

パターフェイスが真っ直ぐ構えているのに身体がクロスしていませんか?

道具を変えても改善されない人はアドレスの向き左右のバランスが悪いのだと思います。
アドレス向きが狙っているところに対して平行に立てているか?

よくあるのがパターフェイスが真っ直ぐ構えているのに身体がクロスしているが多いです。
次にアドレスでの重心のかけ方です。

カカト重心になっている人は引っ掛ける人が多いし、つま先重心になっている人は開く人が多いです。

先ずはそこの部分を気をつけてもらって、いつも開いて右にプッシュする人は逆にカカト側に重心を持って来ればつかまりやすいので 相殺して狙ったところに真っ直ぐ打ち出すことが出来ると思います。

大型量販店などいくとパターも各メーカーから様々な種類が出ていますので購入するときには試打をすることをお勧めします。

以前、私は自分に何が合うのが分からなかったので中古ショップで様々が形状のパターや長さもバラバラなのを購入して試したことが有りますが中古とはいえお金がかかるのでこの方法はオススメはしません笑

パターが上手になればショットも上手くなるのは間違いありません。

自宅でもパターは練習出来ますのでスコアUPの為に頑張っていきましょう‼️

お問い合わせ

どうぞお気軽にお問い合わせください

TEL 090-1147-9820

この記事を書いた人

100切り請負人

《コソ連》《簡ゴル》をキーワードに出張レッスン・ラウンドレッスンを展開していくトレーナーの金澤です。 『100切り』だけを目的のレッスンを行います! これからのゴルフライフを満喫出来るようにサポート致します。100切りに必要な情報を発信していきますのでよろしくお願いします。