フルスイングしましょう!

フルスイングは「置きにいく」という話

フルスイングしましょう!
フルスイングするとボールが右に左にいくので「置きにいく」という話です。

実は私もフルスイングして飛ばしてやろうとかコンペなどで『ドラコンホール』なんてあると2回に1回は大きく右に曲げてOBになりそのホールはよくて「ダボ」で大体「トリ」を叩き、あんなに入れ込まなかったら良かったのになぁと後悔しておりました。
皆さんもこんな経験をされた人は多いのではないでしょうか?

その経験が邪魔をしてスライスしたのはフルスイングしたから右にいったと知っていて「大人は学習能力が高い」のでフルスイングして思いっきり振ったら右に曲がる、それならとゆっくり振ったら右にはいかないと思って振ったらで左に引っ掛けたり、自分がイメージしている軌道で打ててる人は少ないのではないでしょうか?

フルスイングは、クラブヘッドに頑張ってもらいましょう(笑)

フルスイング=右にいくという答えが間違っているのです。
私もそうでしたが飛ばしてやろうと思うと自分自身が頑張ってしまうのです。
これが原因なんです。 自分が頑張ったらだめなんです。
クラブヘッドに頑張ってもらわないとダメなんです(笑)

打つのは自分じゃなくてクラブのヘッドです!
ならばどうすればいいかですけど。

どうしても自分が頑張りたい大抵の人はインパクト手前で通常よりも早くリキみから体が開きます。
左肩が開けば開くほどクラブヘッドも開きながら遅れて当たるのでスライスしか行かないのです。
そこで経験値の高い人は振ってる途中で間違いに気づき瞬時に手首をひねったり、体を被せたり右足側に体重を残したり打ち左にボールが消えていきます。

ドラコンホール

ではどうしたらいいのか?

OBを出したくないのならOBまでいかないクラブを選択すればいいんですが、ここは「ドラコンホールですよ」でアイアンを持つのはマネジメントとしては悪くないのですが「勝負」がかかっているのにそれはないですよね?
まず、ゆっくり振ろうなんかは考えるのはやめましょう。 ドライバーを持ってゆっくり振っても面白くないし飛ばないし結果もおそらく良くないと思うからです。
ドライバーでゆっくり振って真っ直ぐ打つのは私はそっちのほうが難しいと思います。
そして思うのはその割には意外とドライバーを持って「思いっきり」振ってない人が多いと思います。

キレイなフィニッシュを取るようにと解説本とかに書いていますがそんなのは無視しましょう。
開いて振ったら経験上まずキレイなフィニッシュは取れませんけどね
だったらもうマン振りでいきましょう! ホークスの柳田選手ばりに(笑)

「マン振り」練習のコツ(画像あり)

その際に1点だけ注意して頂きたいのは右打ちの人はインパクト時まで絶対左肩を開かないようにするだけです。
左肩を開かないようにするにはトップからインパクトまでの「間」にいつもより早くアームローテーションをするだけです。

下半身はどうとかこうとか考えなくてもいいですから
思いっきり「ヘッド」振ってインパクトしたらフォローもとれて 自然といい感じでフィニッシュも取れていますから。

先ずはそこだけを注意して練習場で周りに迷惑かけない程度に自分自身のリミッターを外しインパクトの瞬間シャラポア選手みたいに感じでどんな声でもいいので出して「マン振り」を試してみてください。

身体の軸はブラさずテークバックは大きく
トップがどうとかは気にしない
インパクト時が最大マックス!
あとは自然なフォロースルー。

翌日、筋肉痛になれば限界までクラブを振った証拠です。

お問い合わせ

どうぞお気軽にお問い合わせください

TEL 090-1147-9820

この記事を書いた人

100切り請負人

《コソ連》《簡ゴル》をキーワードに出張レッスン・ラウンドレッスンを展開していくトレーナーの金澤です。 『100切り』だけを目的のレッスンを行います! これからのゴルフライフを満喫出来るようにサポート致します。100切りに必要な情報を発信していきますのでよろしくお願いします。