パターのコツ②

パターの正しい握り方

一緒に回る人々のパターの握りを見ていると、アイアンやドライバーと同じ握り方をしている人が多いです。
逆オーバーラッピンググリップで握るのは形として正解なのですが指で握っている人が多いのです。

パターは手のひらを使って握ります。
手のひらで握ると手首を使うことができなくなり手首を固定して肩でストロークをして打ちます。

人差し指のみあげて

左手と同じようにしてから

右手も写真のように握ります。
右手の人差し指をのばしたままにはしない。

右手を引き寄せて一体感を出してから握る

左の人差し指でロックします
ショートパットの時のみグリップはブレさせないために「強め」に握ります

スコアが縮まる心がけ

例外として距離感重視のロングパットの時に手首を使った方が距離感が取れると言う人はロングパットの時のみ手首を使っても良いかと思います。
ただ勝負どころのショートパットは手首を固定して振り幅だけ考えて狙った仮説のスパットめがけてやり抜くことです。
その結果狙った通りに打ってカップインができなかったらそれは読みが甘かったと言う事だけですので次のホールで気をつけたら良いだけなのです!

こういうところを心がけるだけでスコアは縮まりますので一度試してみて下さい。

お問い合わせ

どうぞお気軽にお問い合わせください

TEL 090-1147-9820

この記事を書いた人

100切り請負人

《コソ連》《簡ゴル》をキーワードに出張レッスン・ラウンドレッスンを展開していくトレーナーの金澤です。 『100切り』だけを目的のレッスンを行います! これからのゴルフライフを満喫出来るようにサポート致します。100切りに必要な情報を発信していきますのでよろしくお願いします。